カテゴリー
助成金

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は、雇用している社員が職業訓練を実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。詳しくは下記になります。

人材開発支援助成金|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

財務コンサルティングのお問い合わせ

     

    カテゴリー
    財務コンサルQ&A

    小規模事業者持続化補助金

    Q;小規模事業者持続化補助金とはどのようなものでしょうか?

    A:小規模事業者が自社の経営を見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取組を支援する制度です。

    具体的には、広報費、ウェブサイトなど経費の2/3程度が補助されます。

    小規模事業者持続化補助金(一般型) (jizokukahojokin.info)

    財務コンサルティングのお問い合わせ

      カテゴリー
      経営全般

      令和5年度税制改正大綱より中小企業に影響あるもの

      令和5年度税制改正大綱より中企業企業に影響あるものをまとめてみました。

       

      まだ法案成立前ですので、変更される可能性があります。

      中小企業に影響あるものを抜粋したのは当方の主観ですので、その点、ご了承ください。

      わかりやすくするため、条文や要件などの文言をまとめている部分あります。

       

      (1)消費税 免税事業者から課税事業者になったときの消費税軽減

      免税事業者から課税事業者となったときに、消費税の納税が売上税の2割にするという措置が3年講じられます。

      ・令和5年10月1日から令和8年9月30日まで日の属する課税期間において、免税事業者から課税事業者となった場合です。

      ・簡易課税との選択が可能です。

      ・事前に届出は不要です。確定申告書にその旨、付記します。

       

      (2)消費税 インボイス中小事業者の事務負担軽減

      基準期間(2期前)における課税売上高が1億円以下の中小事業者については、令和11年9月30日まで1万円未満の課税仕入について、インボイスがなくても帳簿のみで仕入税額控除が可能となります。1万円未満の売上返還についても同様となります。

      ・インボイスが発行されない事業者からの課税仕入でも1万円未満であれば、仕入税額控除が認められます。

       

      (3)消費税 売掛金入金時の振込手数料差引のインボイス交付不要

      売掛金入金時に差引される銀行振り込み手数料について、税込み1万円未満であれば適格返還請求書が不要となります。

       

      (4)法人税 研究開発費税制の見直し

      3年間延長され、控除率、控除上限が見直しされておりますが、既存データを活用する場合も税制の対象になりました。ただし性能向上を目的としていないものが対象外となります。

       

      (5)法人税 中小企業税制優遇延長

      下記令和7年3月末まで2年延長されます。

      ・資本金1億円以下等の中小企業の800万円以下軽減税率は2年延長されます。

      ・中小企業投資促進税制 2年延長されますが、副業としてのコインランドリー設備が除外されます。

      ・中小企業経営強化税制 2年延長されますが、副業としてのコインランドリー設備、暗号資産マイニング設備が除外されます。

       

      (6)法人税 暗号資産の評価方法の見直し

      法人が保有している暗号資産について、一定の要件に該当した場合には、期末時価評価の対象外となりました。

      下記が要件となります。

      ・自己発行した暗号資産で、発行時から継続保有

      ・暗号資産の発行時から継続していずれかの譲渡制限があること(イ他の者に移転できないような技術的措置あり、ロ一定の要件を満たす信託財産)

       

      (7)令和6年以降の増税予定

      ・法人税 税率4%から4.5%程度増税(ただし法人税額から500万円控除あり)

      ・所得税 1%増税、ただし復興特別所得税1%引き下げ延長(実質的に復興特別所得税の延長分が増税)

      ・たばこ税 1本あたり3円増税

      財務コンサルティングのお問い合わせ

        カテゴリー
        経営全般

        弥生会計による資金調達ナビについて

        弥生会計さんの資金調達ナビに新機能追加で使いやすくなったそうです。

        当社は、弥生会計のPAP会員であり、弥生会計のユーザー様は、資金調達ナビの使用について、当社のコンサルティングを無料で受けることができます。詳しくは下記お問合せください。

        財務コンサルティングのお問い合わせ

          カテゴリー
          中小企業再生 財務コンサルQ&A

          中小企業活性化協議会とは

          Q:中小企業活性化協議会とはどのようなものでしょうか?

          A:中小企業の活性化を支援する「公的機関」として47都道府県に設置されており、全国の商工会議所等が運営しています。 中小企業活性化協議会が地域のハブとなり、金融機関、民間専門家、各種支援機関と連携し、「地域全体での収益力改善、経営改善、事業再生、再チャレンジの最大化」を追求しているものです。下記が中小企業庁のHPとなります。

          中小企業庁:経営サポート「中小企業活性化協議会(収益力改善・再生支援・再チャレンジ支援)」 (meti.go.jp)

          財務コンサルティングのお問い合わせ

             

            カテゴリー
            財務コンサルQ&A

            中小企業向け補助金・総合支援で主なもの

            Q:中小企業向け補助金・総合支援で主なものはどのようなものがありますか?

            A:主に下記のようなものがあります。

            ・専門家派遣 (中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業)

            中小企業・小規模事業者等からの経営相談を受けたよろず支援拠点または地域プラットフォーム※の構成機関が、相談対応した際に当該機関では解決が困難な経営課題について、それぞれの課題に対応した専門家を派遣し、その解決を支援

            ・小規模事業者持続化補助金(一般型)

            小規模事業者が変化する経営環境の中で持続的に事業を発展させていくため、経営計画を作成し、販路開拓や生産性向上に取り組む費用等を支援

            ・IT導入補助金

            サービス業を中心とした中小企業、小規模事業者が、新たに生産性向上に貢献するITツール・ソフトウェアを導入する際に、補助

            ・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

            中小企業・小規模事業者等が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援

            ・中小企業等事業再構築促進事業

            新分野展開や業態転換、事業・業種転換、事業再編またはこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援

            ・人材確保等支援助成金

            事業主が雇用管理改善、生産性向上などの取組みによって職場定着の促進等を行う場合に、助成金

            ・雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例措置)

            経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、 労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、事業主の申請に基づき、事業主が労働者に支払った休業手当等の一部を助成

            財務コンサルティングのお問い合わせ

               

              カテゴリー
              経営全般

              「【国税庁】税務署からの未払い税金のお知らせ 」というメール

              Q:当社は法人です。会社のメールアドレスに【国税庁】税務署からの未払い税金のお知らせ というメールがきました。どのようにしたらいいですか?

               

              A:これは詐欺メールです。税務署は電子メールで納税に関する催告を行っておりません。指定されたURLをクリックしないようお願いします。

              財務コンサルティングのお問い合わせ

                カテゴリー
                経営全般

                令和4年度第2次補正予算案の概算が閣議決定

                経済産業省より下記の令和4年度第2次補正予算案の概算が閣議決定されたとのことです。

                ■資金繰りにお悩みの皆様へ: https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/r4/r4_shikinguri.pdf

                ■生産性向上に取り組む皆様へ:https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/r4/r4_seisansei.pdf

                ■事業の再構築に取り組む皆様へ:https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/r4/r4_jigyo_saikoutiku.pdf

                財務コンサルティングのお問い合わせ

                  カテゴリー
                  助成金

                  東京都の助成金 原油価格高騰等で経済的打撃を受ける中小企業を支援

                  (公財)東京都中小企業振興公社より下記の助成金が募集されております。

                  ■原油価格高騰等で経済的打撃を受ける中小企業を支援!(専門家派遣費用は無料)

                  申込締切:12月28日 16時30分

                  中小企業のエネルギーコスト削減に向けた取組を、専門家の無料派遣、助成金(省エネ設備等の導

                  入)により支援します。詳細はHPを御確認ください。

                  https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/gennyudaka.html

                  https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/keieikiban_antei.html

                  https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/seizo_kinkyu.html

                  財務コンサルティングのお問い合わせ

                    カテゴリー
                    財務コンサルQ&A

                    事業承継・引継ぎ補助金とは

                    Q:事業承継・引継ぎ補助金とはどのようなものでしょうか?

                    A:「事業承継・引継ぎ補助金」は、事業再編、事業統合を含む事業承継を契機として経営革新等を行う中小企業・小規模事業者に対して、その取組に要する経費の一部を補助するとともに、事業再編、事業統合に伴う経営資源の引継ぎに要する経費の一部を補助する事業を行うことにより、事業承継、事業再編・事業統合を促進し、我が国経済の活性化を図ることを目的とする補助金です。

                    財務コンサルティングのお問い合わせ