カテゴリー
財務コンサルQ&A

研究開発税制について詳しく知りたいとき

Q:当社は法人です。企業が研究開発を行っている場合に、税金が安くなる制度があるとのことですが、どの試験研究費が該当するかなど詳しく知りたいのですが、何かありますか?

A:下記の経済産業省のHP「研究開発税制について」に詳しく記載されております。税制改正により令和3年4月以降より改正されている部分がありますので、ご注意ください。

研究開発税制について (METI/経済産業省)

財務コンサルティングのお問い合わせ

    カテゴリー
    財務コンサルQ&A

    電子帳簿保存法の改正と中小企業への影響

    Q:電子帳簿保存法が改正されるとのことですが、中小企業にどのような影響がありますか?

     

    A:会計ソフトや取引の上で紙出力でなくデータで保存しやすくなりました。

    ①電子帳簿等保存

    事前承認制度の廃止され、優良な電子帳簿要件を満たせばデータのまま保存可能となります。

    優良な電子帳簿の届出により過少申告加算税が軽減されます。

    ②スキャナ保存

    事前承認制度が廃止、適正事務処理要件が廃止、タイムスタンプ要件と検索要件等が緩和されました。

    ③電子取引

    タイムスタンプ要件と検索要件等が緩和されました。

    令和4年1月1日より施行されます。

    財務コンサルティングのお問い合わせ

      カテゴリー
      財務コンサルQ&A

      自治体を含めた支援情報

      Q:自治体を含めた会社の支援情報がわかるものがありますか?

      A:下記のJ-Net21 支援情報ヘッドラインにて支援情報がわかります。

      支援情報ヘッドライン | J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト] (smrj.go.jp)

      財務コンサルティングのお問い合わせ

        カテゴリー
        財務コンサルQ&A

        ものづくりやサービスの新事業を創出するための補助金

        Q:ものづくりやサービスの新事業を創出するための補助金はありますか?

        A:ものづくり補助金というものがあります。革新的な設備投資やサービスの開発、試作品の開発などがサポートされます。

        補助金額100万円から1000万円

        補助率 中小企業1/2 小規模事業2/3

        財務コンサルティングのお問い合わせ

          カテゴリー
          財務コンサルQ&A

          日々の業務の効率化や自動化のためのITツールの導入するときの補助金

          Q:日々の業務の効率化や自動化のためのITツールの導入をするときの補助金はありますか?

          A:IT導入補助金というものがあります。IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールの導入を支援する補助金です。
          ※ITツールとはパッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等のことです。

          補助金額は30万円から450万円、補助率は1/2です。

          財務コンサルティングのお問い合わせ

            カテゴリー
            経営全般 財務コンサルQ&A

            売上をあげたいときの補助金

            Q:商品を宣伝したり、HPを開設したり、展示会を出店するなど売上をあげる活動をするときの補助金はありますか?

            A:持続化補助金というものがあります。50万円まで経費の2/3が補助されます。持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。
            この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。

            財務コンサルティングのお問い合わせ

               

              カテゴリー
              財務コンサルQ&A

              月次支援金は7月分も可能か

              Q:月次支援金は7月分も受領することはできますか?

              A:7月分もできます。それぞれの申請期間は下記になっており、異なるため要注意です。

              4月分/5月分:2021年6月16日から8月15日

              6月分:2021年7月1日から8月31日

              7月分:2021年8月1日から9月30日

              財務コンサルティングのお問い合わせ

                カテゴリー
                経営全般

                東京都による月次支援金の上乗せ及び条件緩和

                月次支援金について、東京都による上乗せ及び条件緩和の制度があります。

                詳しくは下記になります。売上30%以上減少で使用できます。

                https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/06/07/25.html

                財務コンサルティングのお問い合わせ

                  カテゴリー
                  経営全般 財務コンサルQ&A

                  月次支援金は6月分も可能か

                  Q:月次支援金は6月分も受領することはできますか?

                  A:6月分も申請できます。ただし4月分5月分の期限は8月15日と少し早いです。

                  月次支援金 (METI/経済産業省)

                  財務コンサルティングのお問い合わせ

                    カテゴリー
                    経営全般

                    一時支援金の申請に必要な書類の提出期限及び事前確認期限の延長

                    一時支援金の申請に必要な書類の提出期限及び事前確認期限が2週間程度延長されました。

                    下記一時支援金HPから転記です。

                    一時支援金の申請期限は2021年5月31日までになりますので、これから申請をお考えの事業者の皆様におかれては、お早めに必要書類を準備して、登録確認機関での事前確認を受けた上で、申請していただくようお願い申し上げます。

                    他方で、申請に必要な書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない合理的な理由がある方については、「申請に必要な書類の提出期限」を2週間程度延長することになりました。ただし、申請する前に必要な「登録確認機関での事前確認」が受けられるのは、「申請に必要な書類の提出期限」の数日前までとなりますので、ご注意ください。なお、延長後の具体的な期限については、後日改めてお知らせいたします。

                    これらの期限延長をご希望の方は、以下の手順に従って、2021年5月31日までに、「申請IDの発行」及びマイページ上からの「書類の提出期限延長の申込」の両方を行ってください。

                    財務コンサルティングのお問い合わせ