カテゴリー
経営全般 財務コンサルQ&A

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金について

Q:緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金とはどのようなものですか?

A:2021年1月、2月、3月のいずれかで売上が50%以上減少した事業者(飲食店時短営業又は外出自粛等の影響がある事業者に限定)について法人で上限60万円、個人事業者で上限30万円が支給される支援金です。詳しくは下記になります。

summary.pdf (meti.go.jp)

財務コンサルティングのお問い合わせ

    カテゴリー
    経営全般 財務コンサルQ&A

    生産性革命推進事業とは

    Q:生産性革命推進事業とはどのようなものでしょうか?

    A:生産性とは、付加価値(粗利益)÷投入資源(コスト)のことです。この生産性を高めるためにITツール、アプリ、テレワークなどを支援する制度のことをいいます。具体的には、「ものづくり補助金」「持続化補助金」「IT導入補助金」の制度があります。

    財務コンサルティングのお問い合わせ

       

      カテゴリー
      経営全般

      2021年4月からの総額表示義務の復活

      2021年4月から総額表示義務が復活します。小売業を経営されている方は要注意です。

      下記財務省HP参照

      https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/sougaku.html

      財務コンサルティングのお問い合わせ

         

        カテゴリー
        経営全般

        事業再構築補助金

        中小企業庁より事業再構築補助金が公表されました。売上前年比10%減少等の要件で、設備投資の2/3が補助してもらえるため、有効に利用できると思います。

        詳しくは下記URLになります。

        中企庁 事業再構築補助金【随時更新】  | 経済産業省 中小企業庁 (mirasapo-plus.go.jp)

        財務コンサルティングのお問い合わせ

          カテゴリー
          経営全般

          中小企業でよく使われているデジタルツール

          中小企業でよく使われているデジタルツール下記になります。

          Dropbox: クラウド上でのスマート ワークスペースです。社員同士でデータを共有することもできます。インターネットがあれば、どこでもアクセスできます。ただ無料だと容量が少ないため、追加費用を支払い容量を多くすることができます。

          kintone: プログラムの知識がなくても簡単に業務アプリを作成できるものです。旅費精算や業務報告など集計することができます。

          Zoom; ウェブ上で会議ができるツールです。

          chatwork:  社員が共有してコミュニケーションをとれるツールです。

          スーパー秘書:オンライン業務アウトソーシングです。社員を雇うまではないけど業務を手伝ってほしいときに使用できます。

          Googlemap: 地図サービスです。住所を入力するだけで目的地まで行く経路がわかります。

          Bandicam: パソコンの画像を動画で撮影できるソフトです。

          Googleドキュメント:ワード、エクセル、パワポなどのファイルを閲覧、編集できます。

          Jooto: 社員の業務を管理することができます。

          Trello:社員の業務を管理することができます。

          財務コンサルティングのお問い合わせ

             

            カテゴリー
            経営全般

            新型コロナにより固定資産税等が軽減される手続きでEL-tax(インターネット申請)が可能へ

            新型コロナにより固定資産税等が軽減される手続きでEL-tax(インターネット申請)が可能になりました。

            認定支援機関の確認が必要ですが、税理士が代理者であれば、申請が簡便になります。

            財務コンサルティングのお問い合わせ

              カテゴリー
              財務コンサルQ&A

              新型コロナにより固定資産税等が軽減される手続きで認定支援機関へ提出するもの

              Q:新型コロナにより固定資産税等が軽減される手続きで認定支援機関へ提出するものはどのようなものでしょうか?

              A:下記になります。

              1事業収入割合がわかるもの(売上台帳、売上月次推移表など)

              2固定資産税の納付書についている課税明細書

              財務コンサルティングのお問い合わせ

                カテゴリー
                経営全般

                新型コロナウイルスの影響をうける企業への支援がまとまっているもの

                新型コロナウイルスの影響をうける企業への支援がまとまっているものは下記になります。

                新型コロナ対策パンフレットURL
                https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

                新型コロナウイルス感染症関連の支援策が掲載されているURL
                https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

                財務コンサルティングのお問い合わせ

                  カテゴリー
                  財務コンサルQ&A

                  会計上、利益が出ているのにキャッシュが足りない理由

                  Q:当社は、会計上利益がでているのにいつもキャッシュが足らず、銀行の借入が増えております。一般的には、どのような理由がありますか?

                  A:一般的には、滞留売掛金(売上が計上されているが、入金されていない)、滞留在庫(現金から在庫になり倉庫に眠っている)、設備投資(キャッシュは全額支払いだが会計上は減価償却費として一部しか費用にならない)になります。BS貸借対照表の事業年度ごとの数値を比較することでも、キャッシュが足らない理由を把握することができます。

                  財務コンサルティングのお問い合わせ

                    カテゴリー
                    財務コンサルQ&A

                    簡単にキャッシュフローを作成する方法

                    Q:キャッシュフロー表を作成したいのですが、難しくてよくわかりません。中小企業用に簡便なキャッシュフローを作成する方法はありますか?

                    A:PL上で、売上原価を仕入高へ、減価償却費をゼロにすることで簡便なCFを作成することができます。

                    財務コンサルティングのお問い合わせ