カテゴリー
経営全般

中小企業でよく使われているデジタルツール

中小企業でよく使われているデジタルツール下記になります。

Dropbox: クラウド上でのスマート ワークスペースです。社員同士でデータを共有することもできます。インターネットがあれば、どこでもアクセスできます。ただ無料だと容量が少ないため、追加費用を支払い容量を多くすることができます。

kintone: プログラムの知識がなくても簡単に業務アプリを作成できるものです。旅費精算や業務報告など集計することができます。

Zoom; ウェブ上で会議ができるツールです。

chatwork:  社員が共有してコミュニケーションをとれるツールです。

スーパー秘書:オンライン業務アウトソーシングです。社員を雇うまではないけど業務を手伝ってほしいときに使用できます。

Googlemap: 地図サービスです。住所を入力するだけで目的地まで行く経路がわかります。

Bandicam: パソコンの画像を動画で撮影できるソフトです。

Googleドキュメント:ワード、エクセル、パワポなどのファイルを閲覧、編集できます。

Jooto: 社員の業務を管理することができます。

Trello:社員の業務を管理することができます。

財務コンサルティングのお問い合わせ

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA