令和2年度第2次補正予算で中小企業の財務に影響するもの

令和2年度第2次補正予算で中小企業の財務に影響するものは下記になります。(経済産業省HPより)

・⽇本政策⾦融公庫等による資⾦繰り⽀援(実質無利⼦・無担保・既往債務借換)

→中小企業者は売上20%以上減少が要件

・ ⺠間⾦融機関を通じた資⾦繰り⽀援(保証料ゼロ、実質無利⼦化、借換保証)

→すべてゼロは、売上15%以上減少が要件

・ 中⼩企業向け資本性資⾦供給・資本増強⽀援事業

→日本政策金融公庫より長期間元本返済のない資本性劣後ローン

・危機対応業務による中堅・⼤企業向け資⾦繰り⽀援

→売上5%以上減少で危機対応融資、資本性劣後ローン

・ 持続化給付⾦ (第一次と同様)【返済不要】

・ 家賃⽀援給付⾦ 【返済不要】

→5月から12月で単月売上50%以上減少または連続する3か月で売上30%以上減少で家賃の1/3から2/3を支給

・ 中⼩企業⽣産性⾰命推進事業による事業再開⽀援【返済不要】

→持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金

・ 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中⼩・⼩規模事業者向け経営相談体制強化事業

→専門家派遣、商工会相談員

・ 感染症対策関連物資⽣産設備補助事業 【返済不要】

→検査機器9/10補助、N95マスク等3/4補助

財務コンサルティングのお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA