産業競争力強化法における株式対価M&A

Q:株式対価M%Aとはどのようなものですか?

A:

株式対価M&Aとは、自社株式を対価として株式譲渡による対象会社株式の取得による事業再編のことをいいます。 これは買い手企業にとっては、手元資金に余裕がない場合にメリットがあります。また売り手企業にとっては、買い手企業の株式を所有することにより、買い手企業の成長などによる利益を受けることができます。 税務では、平成33年3月31日までに産競法に規定する特別事業再編計画の認定を受けた事業者は、株式等に対する譲渡損益の計上を繰り延べることができるようになりました。

財務コンサルティングのお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA