M&Aにより自社株式を対価として支払うときの特例制度

Q:平成30年改正で創設された自社株式対価M&Aに係る特例制度とはどのようなものでしょうか?

A:M&Aにより他会社の株式を購入するときに現金の代わりに自社の株式を対価として購入する場合、株主に対する課税を繰り延べるものです。

要件があり、特別事業再編として産業競争力強化法に基づく認定を受ける必要があります。

財務コンサルティングのお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA