中国調達の問題点

日本企業が中国から調達するときには、現地価格よりもかなり割高な価格で取引している場合もあります。
また中小企業が自社で中国調達を模索するとトータルコストが高くなってします。
高品質で安価なよい物を調達するには、中国の商習慣や物造り、品質管理の考え方、流通の構築を十分に知る必要があります。

仕入調達コンサルティングとは

そこで当社では、仕入調達コンサルティングを立ち上げました。

  1. 当社の中国ビジネス専門スタッフが御社に代わり中国調達業務を遂行します。
  2. 報酬については、難易度、内容により異なります。事前にお見積もりを提出し、同意いただいた上で遂行です。

業務の流れ

  • 対象となる御社の素材、部材、半製品、製品の調査
  • 当社において、中国でのマーケティング調査
  • 当社において、中国新規取引先の開拓、値段交渉
  • 御社において、サンプル品の依頼、新規取引先の確認、承認
  • 必要があれば、現地工場等の視察、商談
  • 当社において、流通の構築
  • サンプル品確認後、取引開始
  • 御社においては、低リスク、低コストにて新規中国調達を開拓することができます。